《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。

 



《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2020年05月01日

コンニチワー

今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

昨日、兄が酔っぱらって帰ってきて・・・
親が大激怒。

ケアマネージャー合格して、仕事を探すとか言いながら、
ニートだからね。

ま、不景気だから仕方ないかもしれないけど、一応
仕事の話は来ているみたい。

午前中から腹筋するぞ!!って、
たたき起こされていたよ(笑)

ま、自業自得ってヤツだけど。

きのうも明け方にご帰宅で・・・午前中に
起こされるのは辛いけど、9KG成長したし、
ダラダラとコンソメ味のポテチが食べたいと思えば食べてる
兄に・・・親も怒るのもわからないことではない。


みなさまも30過ぎて、実家でウダウダしてたら・・・
怒りますよね。

しかも、ケアマネージャー勉強中は不健康。

午前中に起きると言うより寝る生活!?

でも、職場がなくなっちゃったんで、親も仕方ないってカンジ。

神戸とかに買い物に付き合わされると、わたしは
愚痴聞き係。

とはいえ、そんな状態で追い出しても、仕送りが大変なだけ
だもんね。

楽してサントレックスやダイエットゼリー りんご味
だけで痩せようと思っている兄は甘い・・・


とはいえ、きちんと将来的なことも考えて、きちんと就職を
しようと思っているみたいで。

なかなかそんな気持ちは通じないところなのかな。

スリランカに行って仕事する!とか突然言い出さないだけ、
良いかなーとか思うけどね。

ま、そんな勇気はないと思うけど(笑)


「金はなくても付き合いはある!」

ちなみにコレ・・・兄の名言です(笑)


ごもっとも・・・