《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。

 



《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2020年09月24日

最近金萬ラーメンにハマりまして・・・。

一週間くらい前ね、パパさんに会った時に「太った?」って
聞かれて・・・。

うちには体重計がないので、実家ではかったら(ノ゜凵K)ノびっくり!!

体重ってはからないとダメだねー。

今の仕事は健康診断もないからさ、かれこれ昔から10kg増。

ま、幸せな証拠というのは言い訳にしか過ぎなく。

サントレックスとリケンの玄米コーヒーが効果的って聞いたから、
ダブルで初めてみようかなって思ってます♪

友達はヨガをしているけど、腹筋して腰が…
というわたくしには、少し向いていないかも。

21時とかお風呂上りに少しずつやっていけば良いよーとは
聞いたけど、まず21時からとか時間を決めるのが無理な話。

朝起きて曇りのち雨とか、天気によってテンションは変わるけど、
バスに乗らずに1区間でも歩いてみようかな。


トルコ旅行が好きで、行くたびに太る〜って人もいるけど、
それでもだんだん戻らなくなってきて〜なんてこないだ言ってたし。


あさって、遊園地に行く予定だから、気にして歩いて
みようかなー。

エスカレーターを使わず、階段を使うとか、何気なく運動する環境を
作っているという人もいるし、ちょっとしたできることから、はじめて
みようかな〜

正直、最近・・・ちょっと体が重いのはたしか(笑)

基本的に好きなことして、食べたいものを食べたい!っていうのが
わたくしなんだけど、最近テレビとかでも激やせとかダイエットが
あちこちに出ているとみちゃうのも正直なところ。

本当に好きなことをして、痩せれたら良いのにねー。