《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

 

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。

 



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2020年05月18日

理想的なシェイプアップというのは、
食べる事を調整することによって、摂取するカロリーの量を抑えることと
体操によって、消費するエネルギーの量を増やすことで
実現させるものです。

なので、体操というのはシェイプアップをしている間、
欠かすことができないんですよね。

とは言え、中には、体操ギライで
どうも体操するのが苦手という人もいるでしょう…

でもね、別に激しい体操は必要としませんし、
高度な体操技術が求められているわけでもないんですよ。

普段から体操することに慣れていないという人に、
ぼくはストレッチから始めてみることをおススメします。

ストレッチでも
十分にシェイプアップ効果を得ることができますよ。

ストレッチというのは、筋肉をのばす行為のこと。
筋肉というのは、日ごろから
のばす習慣をつけることによって
しなやかな筋肉を作り出すことができるようになるそうなんですよね。

スポーツ選手は、ウォーミングアップの時に、
ストレッチ体操をしますね?

あれは、筋肉をのばすことによって、筋肉の柔軟性を保ち、
ケガするのを防ぐために行っているのです。

ストレッチなら、体操が苦手な人でも
十分に実行できる体操ではないでしょうか?

筋肉をのばすという行為は、
筋肉への刺激という意味で十分な効果を発揮します。
ですから、筋肉は伸ばすことでも鍛えることができるんです。

すると、基礎代謝と呼ばれている、
連日ぼくたちが生活する時に消費する
エネルギーの量もアップするわけです。

だから、ストレッチだけでも
十分なシェイプアップ効果を期待することができるんですよね〜!